お菓子と花と街さんぽ

最強のショートケーキを探して。

かき氷白桃果肉入り@椛屋(もみじや)

椛屋さんは、5年前に出来たかき氷屋さんです。

直線距離だと我が家からそう遠くないはずなのに、解りにくい場所にあるためまだ行った事がありませんでした。

しかも、ずっと「こうじや」さんだと思っていたアホです(笑)。はいお勉強。

椛(もみじ)糀(こうじ)

 

この夏、なぜか精力的にかき氷巡りをしている娘。

自転車で出かけ「美味しかった。場所もすぐ解った」と言うので、私も行って見ることに。

しかし方向音痴の私なのでかなり迷走し(またか)着いた時には熱中症寸前でした。

椛屋さんも土日には整理券を出すほどの人気店なのですが、平日でタイミングも良かったのですぐに座れました。

冷房はなく、お茶はセルフ。団扇もセルフです。

住宅街の中に突然現れた、まるで海の家のような内装で、かき氷がより美味しく感じられるよう演出されています。

メニューは生のフルーツを使った自家製シロップと、低価格の市販のシロップのものがありました。

いつでも苺派の私ですが、時期的に苺は市販のシロップしかありませんでした。

椛屋さんの売りは何と言っても、旬の果物をふんだんに使ったシロップなのです。

 

厨房の前にはスモモの箱が山積みでしたが、もうすぐ終わってしまいそうな桃が食べたい。

汗だくでやっとこさ辿り着いたので、贅沢して白桃果肉入り(1200円)にしました。

(こんな辺鄙な場所なのに高いなー)と内心思いましたが、食べてみたら納得の美味しさ。

 

 
f:id:tanpopotanpopo:20170828014553j:image

 

桃のシロップというより、ピューレです。

うーむ、美味しい。日光の天然氷もサラサラで美味しい。


f:id:tanpopotanpopo:20170828014349j:image

 

氷の中からも桃の果肉がゴロンゴロンとたくさん出て来て、この夏の桃を食べ納めをした気分になりました。

しかし、せっかくの天然氷なのにスプーンもカップもプラ容器なのが残念でした。

器は大事。

 
f:id:tanpopotanpopo:20170828014419j:image

帰りは旧日光街道に出てしまえば分かりやすく、すんなりと帰れました。

椛屋さんは、秋になると焼き芋や鍋焼きうどんも出すそうですよ。

 


f:id:tanpopotanpopo:20170828014506j:image

 

涼しくなったら、鍋焼きうどんも食べたいな~。