お菓子と花と街さんぽ

最強のショートケーキを探して。

猿若祭二月大歌舞伎

先日、一人でテレビを見ていました。

中村勘九郎の幼い二人の息子達が初舞台に臨む、ドキュメンタリー番組です。

私は歌舞伎を殆ど知りませんが、30年前にも勘九郎が弟の七之助と共に初舞台を踏むドキュメンタリー番組を見ていたので、感慨深いものがありました。

勘九郎の父、勘三郎は2012年12月に57歳の若さで亡くなっています。孫達の初舞台の日を誰よりも心待ちにしていた事でしょう。

生きていればきっと、同じ舞台に立ったはずです。

ウルウルしていると、そこに娘が帰ってきて

「何見てるの?」

「勘九郎の子供達の密着番組だよ。お兄ちゃんはしっかりしているけど、弟の方はまだ小さいから大変そう。勘九郎と七之助の小さい頃を見ているみたい。」

「フーン」

「歌舞伎って面白そうだね。私も死ぬ前に一度くらいは、歌舞伎座に行ってみたいなぁ」

私は、いつかその夢が叶えばいいな位の軽い気持ちで、娘に言ったのです。

すると娘はスマホを取り出し、何やらサクサクと操作していましたが

「チケット取れたよ。桃太郎。」

と、事も無げに言うのでした。

 

「ほぼ売り切れてるけど取れた。26日の夜の部だからね。」

「うそっ!歌舞伎のチケットってどうやって取るの?」

 

超初心者タンポポの歌舞伎情報その① チケット 

 

歌舞伎公式サイト | 歌舞伎美人(かぶきびと)

によりますと

歌舞伎公演のチケットは、他の演劇やコンサートと同じように事前に購入できます。

  • インターネット  チケットWeb松竹
  • 電話       チケットホン松竹
  • プレイガイド
  • 劇場の切符売り場

 

娘は、オズモールを使ったようです。

「猿若祭二月大歌舞伎」+「ザ・ペニンシュラ東京」の中国料理「ヘイフンテラス」で楽しむ特別ランチコースというプランです。

だから、ランチのデザートに桃太郎にちなんで桃饅頭が付いたのでした。

 


f:id:tanpopotanpopo:20170228010255j:image

 

ザ・ペニンシュラ東京から徒歩で東銀座方向に向かい、歌舞伎座へ。

開場より少し早く着いたので、あちこちを写真撮影。

娘はイヤホンガイド(700円+保証金1000円)を借りていました。


f:id:tanpopotanpopo:20170228010308j:image

 

私達は午後4時30分からの「夜の部」を鑑賞します。

演目は

  • 門出二人桃太郎 昔話の桃太郎。兄と弟の二人いるという設定。
  • 絵本太功記   明智光秀の謀反の話
  • 梅ごよみ    色男と深川辰巳芸者の恋のさや当て

です。超ザックリな解説(笑)。


f:id:tanpopotanpopo:20170228010455j:image

 

チケットは1等席でしたが、2階の後方右端でした。

ドアの近くで、それは良いのですが、花道が半分見えませんでした。

お得プランだからか、たまたまなのかは解りません。

コンサート同様、席の良し悪しは運次第なのでしょうね。

 

超初心者タンポポの歌舞伎情報その② 座席

 

歌舞伎座の総座席数は、1,808席。

1等席、2等席、3階A席、3階B席、1階桟敷席があります。

 

2階席からは舞台が隅々まで一望出来て、大きなセットがぐるりと回転する場面など迫力がありました。

でも花道が半分しか…

 

座席は、いつも行く映画館よりキツキツで、席の前を人が通るのもままならない狭さでした。

飲み物を置く所もないので、水分補給にはマイボトル持参がよさそうです。

オペラグラスも、あればいいと思います。

 

超初心者タンポポの歌舞伎情報その③ 服装

 

「歌舞伎を観に行く」と言うと、決まって「いいね!でも何を着ていくの?」と聞かれました。

私も、歌舞伎なんてきっと上流階級の方々ばかりが観に来るものと思っていましたので、本当に悩んでしまいました。(悩んだ挙句、ワンピース購入)

行ってみたら皆さんの服装は様々で、お洒落な方が多かったです。

着物姿も多く、歌舞伎座という場所にピッタリでとても粋に見えました。

でも、ラフな普段着の方もいて、つまり服装は自由なのでした。

3つの演目を見終わるまで4時間以上も場内にいるのですから、私は疲れない格好にして正解でした。


f:id:tanpopotanpopo:20170228010330j:image

 

歌舞伎の未来と、中村屋という大きなものを背負って生まれてきた子供達。

 

二人の小さな桃太郎が、鬼をバッタバッタと倒していく場面に大爆笑。

声が張れなくても、動きが揃わなくてもお客さん達は、自分の孫や子を見守るようにハラハラしながら拍手を送っていました。

それでも、決めるところはしっかりと決まっていたのが立派でした。

亡き勘三郎も、孫達の晴れ姿をきっと喜んで見ていたと思います。

 

超初心者タンポポの歌舞伎情報その④ 幕間(まくあい)

 

演目と演目の間を幕間といい、30分ほどの休憩時間があります。

自分の席でお弁当を食べたり、売店や喫茶店等いくつか飲食できる場所があって、アルコールも売っていました。

私はたい焼き屋さんの行列に並びましたが、私の直前で売り切れ(涙)。

たい焼き食べたかった…

御手洗いも売店のレジも行列なので、のんびりしていると30分はあっという間です。

私達は、3つめのお芝居が始まる前にいなり寿司を食べましたが、とても美味でした。

 


f:id:tanpopotanpopo:20170228010320j:image

 

超初心者タンポポの歌舞伎情報その⑤ お土産

 

歌舞伎座内では様々な土産物が売っていて、季節や演目に合わせた限定商品等を眺めて歩くのも楽しかったです。

娘は勤め先へのお土産にきび団子を買って、家にもきび団子と最中を買ってくれました。

このきび団子、きな粉の風味がとてもよく美味しかったです。


f:id:tanpopotanpopo:20170228010716j:image

 

 


f:id:tanpopotanpopo:20170228010534j:image

 

一生に一度ではなく、またいつか歌舞伎を観に行きたいです。

そして、今度こそあのたい焼きも…(笑)