お菓子と花と街さんぽ

最強のショートケーキを探して。

世界遺産 ラスコー展@国立科学博物館

考古学にそれほど興味のないタンポポですが、ラスコー展に行って来ました。

本当は、娘が誰かと行くはずだったチケットが2枚あって、結局最終日になるまで行く事が出来なかったと言うのです。

誰と行こうとしていたのか…?

うーむ( ^ω^)…詮索すまい。

ムダが嫌いなので、娘とふたりで行って来ました。

上野・国立科学博物館です。

動物園と美術館はよく行くのに、博物館に入るのは初めてです。


f:id:tanpopotanpopo:20170220013133j:image

 

最終日ですが、皆さんラスコーにそんなに関心があるかしら?

マニアは早くに訪れていて、もうそれほど混まないんじゃない?と思いましたがとんでもない大間違いでした。

会場には当日券を求める長蛇の列…

あまりの混雑ぶりに、展示説明もよく見えず、ざっと見て来ただけのラスコー展でした。

 

ラスコーの壁画を知らない人はいないと思います。

教科書に載っていますから。

でも、最初にほんの少し記述があるだけで、詳しく習ったりしませんよね。

だから私も、あの壁画は知っていても、洞窟がどこにあるのか知りませんでした。

ラスコー洞窟は、フランスの西南部ドルドーニュ県、ヴェゼール渓谷のモンティニャック村近郊にあります。

展示室に入り、最初に見るのがこの母子です。


f:id:tanpopotanpopo:20170220013331j:image

 

等身大でリアルに再現された、クロマニョン人の母子。

動物の毛皮で出来た衣類をまとい、装飾品をつけお洒落していますね。

会場は6つのブロックに分かれていました。

 

第1章 衝撃の発見、壁画の危機、そして閉鎖

第2章 封印された洞窟を開く よみがえるラスコー

第3章 洞窟に残されていた画材・道具・ランプの謎

第4章 ラスコー洞窟への招待

第5章 ラスコーの壁画研究

第6章 クロマニョン人の世界 芸術はいつ生まれたか

 

2章と3章のスペースには、精巧に再現された洞窟の模型がありました。

複雑にくねった洞窟の形状と、その中にいる人間の模型から、壁画のスケールを知る事が出来ます。

この洞窟の壁画は、4人の少年達と「ロボ」という名前の犬によって発見されたというエピソードが一番興味深かったです。


f:id:tanpopotanpopo:20170220013402j:image

 

これは、第4章の会場で体験できる、実物大壁画です。


f:id:tanpopotanpopo:20170220013427j:image

 

背中合わせのバイソン


f:id:tanpopotanpopo:20170220013456j:image

 

泳ぐシカ


f:id:tanpopotanpopo:20170220013144j:image

 

第5章の会場に展示されていた、オオツノジカです。

見上げる程に巨大です。

後期旧石器時代にいた、動物の大きさを実感する事が出来ます。


f:id:tanpopotanpopo:20170220013157j:image

 

第6章の会場にもクロマニョン人がいました。

「ギャートルズよりも、着ているものがちゃんとしているね。」と娘に言うと

「ごめん、意味が全然わからない。」と言われました。

はじめ人間も知らんのか…

この時代にはもう、針のような道具を使って獣の皮を縫製していたそうです。


f:id:tanpopotanpopo:20170220013219j:image

 

何のためにあのような壁画を描いたのでしょうね?

まるで興味がなかった私も、考古学のロマンが少し解ったような気がします。


f:id:tanpopotanpopo:20170220013234j:image