お菓子と花と街さんぽ

最強のショートケーキを探して。

中華そば 半熟味付玉子入り@昭和歌謡ショー

おばあちゃんの原宿・巣鴨の街が似合うお年頃なタンポポです。

いつの間に…(>_<)

 

昨日はポカポカ陽気でしたね。

今日はもっと気温が上がるとか、風が吹いて花粉も飛ぶとか。

ゾゾゾ~~~!

さて昨日は、去年から行ってみたいと思っていたお店に行ってきました。

都電にも乗れる700円の1日券を使うので、他にも何か用事がないかしらと思ったら…

突然スマホの調子が悪いのです。

auにも行かねば。やれやれ。

 

 

さて、都電に乗ってぶらりと出かけた先は、昨年くましさん(id:kumasi)の記事を読んでどうしても食べたかったこちらのラーメン屋さんです。

 

kumasi.hatenablog.com

 

私はTVのじゅん散歩を見てこのお店を知ったのですが、その時にはあまり琴線に触れなかったのです。

くましさんを含む四人の雄が、美味しそうなラーメンを次々と私に食べさせようとするから困るよ。←言いがかり(笑)

庚申塚で下車して、さぁ探すぞと思ったらすぐにありました。


f:id:tanpopotanpopo:20170217005624j:image

 

お店はカウンター5席のみ。先客はひとり。券売機はなく口頭での注文のようですが、何やら一杯入魂という感じで作っていますので、声がかけられません。

大人しく先客のラーメンが出来るまで待ちました。

私の後に若い女性客がひとり来ましたが、店主は私の注文を聞いて作り始めました。

そういうシステムなのかは不明です。

作り方を見ていると、作業の全てがシステマティック。

そして、カウンターにはお箸と水とティッシュしかありません。

うわ!コショウがないよ。コショウなし2店舗目…

 

中華そば、出来ました。

カウンターの上ではなく、客の手前まで下ろしてくれるのが好印象です。

上に置かれると、熱くて落としそうな時があるのです。

 

見目麗しいお姿。


f:id:tanpopotanpopo:20170216163049j:image

 

うっとりと眺めていると

「玉子はレンゲに乗せて、2つにお箸で割ってからお召し上がり下さい。」

 

はい?(;゚Д゚)

 

「そうしないと、黄身が流れてスープの味が変わってしまうので。」

 

うーん。

それはそれで私は全然構わないのですが、仰せの通りに致しますよ。

なにせ、コショウを置かないスープへの並々ならぬ拘りですよね。


f:id:tanpopotanpopo:20170216163306j:image

 

どれ、ツルツルっと

 

 

うまっ!

 

メチャうまでした。

細かい事はくましさんの記事に書いてある通りです。←丸投げ

また行きます。

うーん。コショウを置かない店は、美味しいのかも。

帰る時の店主さんはとても感じが良かったです。

きっと、スープを全部飲んだからでしょう。

 

お値段は高めです。

材料にいいものを使うから高いのだと思います。

こちらで使われている井上古式醤油は、出雲のお醤油です。我が家もこれですが、高いんですよね。


f:id:tanpopotanpopo:20170216163110j:image

 

風変わりな店名ですが、店内には本当に昭和歌謡が流れていました。

私のオハコの「セーラー服と機関銃」とか(笑)。

 

地蔵通り商店街をまっすぐ進みます。

せっかくなので、お参りもしました。

初めてのとげぬき地蔵です。


f:id:tanpopotanpopo:20170216164017j:image

 

暖かい一日でした。

お花も色とりどりに咲いています。


f:id:tanpopotanpopo:20170216163218j:image


f:id:tanpopotanpopo:20170216163230j:image

 

紅白の梅が、三分咲きくらいでしょうか?


f:id:tanpopotanpopo:20170216163244j:image

 

梅の花は可憐ですね。


f:id:tanpopotanpopo:20170217013324j:image

 

この後、あんこが食べたくなったのですが、どこのを買ったらいいのか悩んで結局買わずにバスに乗ってしまいました。

私的には巣鴨と言えばケーキなのですが、なぜあんこ?

今度は和菓子のリサーチをして、また来ようと思います。