読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子と花と街さんぽ

最強のショートケーキを探して。

和(なごみ)のモンブラン@ルジャルダンブルー

スイーツ

前記事の続きです。

 

新宿タカシマヤ地下1階にあるパティシェリアは、言わばケーキのセレクトショップです。

人気パティシェのケーキがずらりと並び、目移りが止まりません。

たくさんあるモンブランの中で、最後まで私が迷っていたのはマ・プリエールの和栗モンブランと、ル・ジャルダン・ブルーの和(なごみ)のモンブランです。

マ・プリエールの和栗モンブランは、栗の産地ところんとした可愛い見た目が魅力的でした。

ル・ジャルダン・ブルーの和(なごみ)のモンブランは、サイズの大きさ、頂上の栗の大きさが目を見張りました。

それに、コスパも良いのです。

500~600円のケーキが多い中で、ル・ジャルダン・ブルーのケーキはほとんどを400円台に抑えてありました。

でも、昼食後の私は両方を頼んで食べ比べるのは無理でしたので、小ぶりの和栗モンブランをイートインして、ル・ジャルダン・ブルーをテイクアウトする事にしました。

意外と少食の私(なのにデブ)。

 

ル・ジャルダン・ブルーのケーキをふたつ買いました。


f:id:tanpopotanpopo:20161202012955j:image

 

がさつな私なので、テイクアウトは本当に苦手です。

新宿からのテイクアウトは電車とママチャリで1時間の長旅ですが、崩れていませんでした。

箱詰めテクはお店によって差が出るので、開けてみるまでドキドキします。

 

和(なごみ)のモンブラン

 
f:id:tanpopotanpopo:20161202112131j:image

和をあえて「なごみ」と読ませているように、和菓子のような風味のなめらかなモンブランクリームでした。

それもそのはずで、このモンブランクリームには白あんが入っているのです。

懐かしい味のするモンブランでした。

メレンゲがざらつくのが気になりましたが、中にたっぷりと入っているフレッシュクリームがとても美味しくて、大粒の栗の渋皮煮もふっくらと柔らかかったです。

やはりコスパ高い!と思いました。

 

フォレノワール


f:id:tanpopotanpopo:20161202013037j:image

 

フォレノワールは「黒い森」という意味の、ドイツ生まれのケーキです。

チョコレート生地のスポンジとキルシュ入りのクリームのフォレノワールを、久し振りに食べてみたくなりました。

甘さをかなり抑えてあって、大人な味のフォレノワールでした。

チェリーもたっぷりで嬉しい。

飾ってあるチョコレートを楽しみにしていたら、娘に取られてしまったのですが

「このチョコすっごく美味い!」

と言われて憎しみがフツフツ…(# ゚Д゚)

 

さて、これからクリスマスまでケーキは封印しま~す。

 

 

たぶん。