お菓子と花と街さんぽ

最強のショートケーキを探して。

デトロイト美術館展@上野の森美術館

いつも、いただきもののチケットで美術鑑賞をしている、ケチ節約主婦のタンポポです(笑)

ですが今回は珍しく、自分でチケットを購入して見てきました。

それも、前売りでなく格安チケットでもなく定価なのが節約主婦には悔しいところですが…

テレビ番組でこの美術展が紹介されたのをたまたま見て、すぐに行きたくなってしまったのです。

 

上野の森美術館で開催中の、デトロイト美術館展です。

 

この展覧会、何が凄いって会期中の月曜日火曜日に限り

全作品の写真撮影がOK!

マジですか…??( ゚Д゚)

それから、手で触れる作品もあるそうです。

嘘でしょ?(+_+)

 

絵画って、見ているうちに何だかウズウズ、触ってみたくなりませんか?

私だけ?

もちろん我慢していますが、そんな気持ちを見透かしたようなこの企画、とても楽しみなのです。


f:id:tanpopotanpopo:20161020143407j:image

 

絵の好きな、中学時代の友人を誘いました。

大好きなルノアールを見つけて、テンションが上がります。もちろん撮ります。

 

私のお気に入りを、いくつかご紹介しますね。


f:id:tanpopotanpopo:20161021012945j:image

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「座る浴女」


f:id:tanpopotanpopo:20161021013001j:image

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「白い服の道化師」


f:id:tanpopotanpopo:20161021013015j:image

エドガー・ドガ「朝の乗馬」


f:id:tanpopotanpopo:20161021013029j:image

エドガー・ドガ「楽屋の踊り子たち」


f:id:tanpopotanpopo:20161021013112j:image

カミーユ・ピサロ「小道」


f:id:tanpopotanpopo:20161021013352j:image

クロード・モネ「グラジオラス」


f:id:tanpopotanpopo:20161021013408j:image

ポール・セザンヌ「サント=ヴィクトワール山」

 


f:id:tanpopotanpopo:20161022132807j:image

フィンセント・ファン・ゴッホ「自画像」

 


f:id:tanpopotanpopo:20161021013512j:image

フィンセント・ファン・ゴッホ「オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて」

 

 

作品は4つの章に分けられ、1階に「印象派」「ポスト印象派」 

2階に「20世紀のドイツ絵画」「20世紀のフランス絵画」が展示されています。

私の好きな作品は1階に多く、友人は2階の方を好みましたので、人の好みって様々だなぁと思いました。

 

作品数は52点で、何となく少ないと感じましたが、それでもこれだけのヨーロッパの名画を一気に鑑賞出来たのですから、満足度は非常に高いです。

15作品は、日本初公開作品だそうです。

それに、こんな名画を写真に撮れる機会など、めったにありません。

デトロイト美術館では、来館者の写真撮影が許可されているので、東京での巡回展も同様にしたのですって。

撮影OKと知らずに来館し、ラッキーだと喜ぶ老夫婦もいました。

名画をバックに自撮りをしたり、子供を横に立たせて記念撮影する人もいて、楽しみかたもいろいろですね。

写真はどの作品でも撮影OKですが、中にはSNSに公開してはいけない作品もあります。

自撮り棒、三脚の使用、動画撮影、フラッシュは禁止です。決まり事は守りましょうね。

 

そういえば、触れる作品ってどれだったの?

と係りの人に訊ねると、出口の近くにあると言われました。

 

f:id:tanpopotanpopo:20161021013537j:image

f:id:tanpopotanpopo:20161021013601j:image

 

これらは、リコーの最新式プリンターで複製された絵画です。

立体複製画製作技術によって、絵画の凹凸までリアルに再現されているのです。

そりゃそうだよね。本物を触れるはずがありません。

それでも、本物の筆致を最新技術で表現したこれらの絵を触っていると、ワクワクしてきました。

 

この複製画は、ショップでも販売されていて、約10万円~でした。

うーん、この花の絵が欲しいのだけれど…もう少し安くなりませんか?


f:id:tanpopotanpopo:20161021013621j:image


f:id:tanpopotanpopo:20161020143421j:image

 

奇跡のコレクション」と呼ばれる、デトロイト美術館の所蔵品たち。

その所以と奇跡をぜひ、皆さんもご覧下さい。1月21日まで開催です。

 

 

第1章 印象派

ギュスターヴ・クールベ カミーユ・ピサロ エドガー・ドガ クロード・モネ

ピエール・オーギュスト・ルノワール カロリュス・デュラン アンリ・ジェルヴェクス

第2章 ポスト印象派

ポール・セザンヌ ポール・ゴーギャン フィンセント・ファン・ゴッホ オディロン・ルドン 

モーリス・ドニ フェリックス・ヴァロットン ピエール・ボナール

第3章 20世紀のドイツ絵画

ワシリー・カンディンスキー エミール・ノルデ パウラ・モーダーゾーン=ベッカー

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー マックス・ぺヒシュタイン エーリッヒ・ヘッケル

カール・シュミット=ロットルフ マックス・ベックマン オスカー・ココシュカ

オットー・ディクス

第4章 20世紀のフランス画家

アンリ・マティス ジョルジュ・ルオー ラウル・デュフィ パブロ・ピカソ フアン・グリス

アメデオ・モディリアーニ シャイム・スーティン

 

 

今回買ったポストカードはこちらの3枚。

アンリ・マティス「ケシの花」

ポール・セザンヌ「サント=ヴィクトワール山」

クロード・モネ「グラジオラス」

 
f:id:tanpopotanpopo:20161022122120j:image

 

リコーの複製画が欲しい… 

 

 

追記

くまし(id:kumasi)さんのリクエストにお応えして、マティスです。

 
f:id:tanpopotanpopo:20161023002455j:image

アンリ・マティス「窓」

 
f:id:tanpopotanpopo:20161023002506j:image

アンリ・マティス「コーヒータイム」

 

この展覧会でアンリ・マティスは「ケシの花」「窓」「コーヒータイム」の3作品の展示がありました。

私も今回初めて、印象派ばかりではなく「マティスもいいなぁ」って思いました。