お菓子と花と街さんぽ

最強のショートケーキを探して。

ポンピドゥー・センター傑作展@東京都美術館

東京都美術館で開催されている、ポンピドゥー・センター傑作展に行って来ました。

私は、美術に造詣が深くないどころか無知に近いのです。

ポンピドゥー・センターって何ですか?

今回も頂きもののチケットなのですが、ピカソやマティス、シャガール等、聞いたことのある画家の作品も展示されているようなので、行ってみることにしました。


f:id:tanpopotanpopo:20160917020716j:image

 

雨が降りそうで降らない空模様。

5時半が閉館だというのに家を出るのが遅くなり、到着したのは4時でした。


f:id:tanpopotanpopo:20160917020731j:image

 

娘が書道教室に通っていた頃、年に一度開催される書展の会場が、この東京都美術館でした。

毎年夏には、この美術館に足を運んでいたのですが、娘が書道をやめてしまってから10年が過ぎたので、この場所がとても懐かしく感じられました。

けれども美術館に向かう途中、以前はなかったカフェがいくつも出来ていて、雰囲気はだいぶ変わっていました。

 

美術館に入ると、今日の展示は5時半ではなく8時まで延長されると知りました。

それならばゆっくりと見られます。

昼食を食べる暇がなかったので、先に何かを食べる事にしました。

美術館の中には、カフェやレストランがありました。

2階にある「ミュージアムテラス」というレストランに入りました。

窓際の席から緑の庭が見える、素敵なレストランでした。

こんなレストランも、以前はあったかしら?と思い、聞いてみると、5年ほど前に改装した時に出来たのだそうです。

たっぷりキャベツのメンチカツをいただきました。

サクサクの衣をまとった、大きなハンバーグのようなメンチカツでした。

キャベツにはフレンチドレッシングがあえてあり、さっぱりしていて美味しかったです。


f:id:tanpopotanpopo:20160917020749j:image

 

ポンピドゥー・センターとは、パリの中心部にあるフランス国立の総合文化施設で、近代美術館や図書館などがあるそうです。

今回のポンピドゥー・センター傑作展は、1906年から1977年までの1年に1作品、1作家づつ順を追って紹介するという、少し変わったスタイルの展示がされていました。

絵画だけではなく写真や彫刻、オブジェ、映画作品と、ジャンルを越えたさまざまな作品の展示があり、意表を突かれました。

正直、ほとんどの作品が私には難解でした。

フォービスムもキュービスムもよく解らず、シュールレアリズムもあまり好きではないのですから。

ちなみにフォービスムは日本語訳で「野獣派」キュービスムは「立体派」です。

シュールレアリズムは「超現実主義」で、そうと知ってもやっぱり難解なのですが。

 

現代美術は、戦争の影響も色濃く受けています。

1906年から1977年まで、1年に1作品なのですが、1945年だけ空白の展示で作品がありません。

1945年は、第二次世界大戦が終結した年です。

この年は、芸術においても大きな意味を持つのでしょう。

 

ある作者の解説文には、強制収容所で亡くなったという記述がありました。

また、たくさんのガスマスクを封じ込めた作品があって、これもアートか?と思いながら見ていたら胸が苦しくなりました。

「ホーム・スウィート・ホーム」というタイトルのついた、1960年の作品です。

 

このリーフレットには、アンリ・マティス「大きな赤い室内」

マルク・シャガール「ワイングラスを掲げる二人の肖像」

パブロ・ピカソ「ミューズ」

が載っています。

これらが、この催しの目玉と言えるのでしょう。

大きな作品で、とても多くの人達が食い入るように見つめていました。


f:id:tanpopotanpopo:20160917230517j:image

 

地階、1階、2階と順路に沿って一通りを、2時間近くかけて見て来ました。

外はすっかり暗くなり、建物の灯りが点くと幻想的な風景が浮かびます。

 

この後に不忍池で少しポケモンGoもしたのですが、あまりの賑わいぶりに驚きました。


f:id:tanpopotanpopo:20160917020810j:image

 

美術展ではいつも、気に入った絵画のポストカードを買います。

ちょっとしたお便りを出すのに、とても便利です。


f:id:tanpopotanpopo:20160917230549j:image

マリー・ローランサンの「イル=ド=フランス」


f:id:tanpopotanpopo:20160917230907j:image

アンリ・マティスの「大きな赤い室内」

 

ポンピドゥー・センター傑作展は、9月22日までの開催です。

 

出品作品リストから、作者名を列挙します。

ご興味のある方はぜひ、この4日間のうちに足をお運びください。

 

ラウル・デュフィ ジョルジュ・ブラック オーギュスト・シャポー モーリス・ド・ヴラマンク

コンスタンティン・ブランクーシ ロジェ・ド・ラ・フレネー フランティシェク・クプカ

マルセル・デュシャン レイモン・デュシャン=ヴィヨン アルベール・グレーズ ピエール・アルベール=ピロ

マルク・シャガール アルベルト・マニェッリ ジャン・プーニー アンリ・ローランス

マン・レイ ル・コルビュジエ ウジェーヌ・フレシネ ジャン・プルーヴェ ロベール・マレ=ステヴァン

ロベール・ドローネー アンドレ・ケルテス レオナール・フジタ セラフィーヌ・ルイ

カミーユ・ボンボワ ピエール・ボナール アンリ・カルティエ=ブレッソン オットー・フロイントリッヒ 

ジャン・ゴラン パブロ・ピカソ パブロ・ガルガーリョ ヴァリシー・カンディンスキー

ヴィクトール・ブラウネル アレクサンダー・カルダー マリー・ローランサン フルリ=ジョゼフ・クレパン

フリオ・ゴンザレス ヴィフレド・ラム ジャン・ゼーベルガー、アルベール・ゼーベルガー  

アンリ・ヴァランシ ジャック・ヴィルグレ アンリ・マティス 二コラ・ド・スタール

ベルナール・ビュフェ ジャン・アルプ セルジュ・ポリアコフ フェルナン・レジェ ジョルジュ・マチュー

エドゥアール・ブーバ アルベルト・ジャコメッティ シモン・アンタイ リチャード・アヴェドン

エロ アルマン クリスト クリス・マルケル アンドレ・マッソン ヴェラ・モルナール

アラン・ジャケ マルシャル・レイス ヴィクトル・ヴァザルリ ジル・キャロン アガム

クロード・ヴィアラ ジュヌヴィエーヴ・アス オーレリー・ヌムール ジャン・デュビュッフェ

ジャン・オリヴィエ・ユクリュー ゴードン・マッタ=クラーク レイモン・アンス

レンゾ・ピアノ、リチャード・ロジャース