お菓子と花と街さんぽ

最強のショートケーキを探して。

羽二重だんご@羽二重団子

 

2か月に一度の通院で、日暮里に行きました。

絶対に引っかかる~と思った血糖値と中性脂肪、何とか大丈夫でした。

ほっ…

 

病院の帰りに、これをいただきました。


f:id:tanpopotanpopo:20160416002730j:image

 
病院の後、鶯谷でランパスランチしようと思ったのです。
日暮里から線路伝いに行けば、鶯谷まで行けるはず…
そう思いながら、てくてく歩いたけれど甘かった。
ちょっと路地を曲がっただけなのに、私にはもう迷宮。
 
 
 
静かな住宅街を歩いていたら、突然立派な柳の木がありました。
根元には「銀座の柳四世」の文字が。

f:id:tanpopotanpopo:20160416002754j:image
 
「ねぎし三平堂」
 
残念ながら、休館日でした。

f:id:tanpopotanpopo:20160416002820j:image
 
 日暮里から鶯谷にあるランパスのお店まで、迷いに迷って辿り着いた時にはヘトヘトでしたが、それでも4,000歩ほどしか歩いていないのでした。
そしてランチは
(500円だからまあいいか…)という程度のもので、がっかりでした。
 
帰りは迷わないように知っている道で帰ろう。
ケーキを買って、谷中霊園を抜けて帰ろうとして
ケーキ屋さんに着いたら、まさかの臨時休業でした。(T_T)
 
こういう日ってあるよね…
 
 
桜がみんな散ってしまった谷中霊園を歩いている途中に、緑色の桜が満開でした。

f:id:tanpopotanpopo:20160416002907j:image

f:id:tanpopotanpopo:20160416002937j:image

f:id:tanpopotanpopo:20160416002959j:image
 
鬱金桜というらしいです。
思いがけず珍しい桜を見て、嬉しくなりました。
 
その後、芋坂に向かう途中の公園でも、八重桜が満開でした。

f:id:tanpopotanpopo:20160416003020j:image

f:id:tanpopotanpopo:20160416003038j:image
 
ここが芋坂か~と思いながら下って行くと、正岡子規の句碑がありました。
 
「芋坂も団子も 月のゆかりかな」

f:id:tanpopotanpopo:20160416003602j:image

そしてここが、羽二重団子の本店なのですね…
日暮里駅前にある洋風の店舗しか知りませんでした。
 
歩き疲れたので、入ってみます。

f:id:tanpopotanpopo:20160416003119j:image
 
店内の席も空いていましたが、誰もいない外の席でいただきます。
綺麗なお庭が見たかったので。
 
羽二重だんごは、甘辛2本とお煎茶で540円でした。
お茶は急須にたっぷり4杯分入っています。

f:id:tanpopotanpopo:20160416003146j:image
 

f:id:tanpopotanpopo:20160416003217j:image
 
小さな中庭ですが、風情があっていいお庭です。 

f:id:tanpopotanpopo:20160416003230j:image
 
時が穏やかにゆっくりと流れていくようです。
正岡子規も、夏目漱石も食べたという羽二重だんご。 

f:id:tanpopotanpopo:20160416003245j:image
 
少しだけ時代をタイムトリップしているような、錯覚を楽しみました。

f:id:tanpopotanpopo:20160416003305j:image
 
焦げ目が香ばしくてほんのり温かいお醤油味と、控えめな甘さのこしあん。
なめらかで柔らかいおだんごでした。
濃い目のお茶も美味しかったです。
 
羽二重だんごは、駅ナカやデパ地下でも買えるのですが
お店で食べる方がずっと美味しいと思いました。
 
友人連れて、また来ようっと。