読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子と花と街さんぽ

最強のショートケーキを探して。

チョコレート@チョコレート

スイーツ

今週のお題「バレンタインデー」

 

お菓子ブロガー(笑)の端くれとして、このお題には乗っておきましょう。

1970年代後半、それはある意味大事件でした。

東北の片田舎にさえも流れてきた、センセーション。

だって、片想いの男の子に告白してもいい日があるなんて。

その告白の小道具として、チョコレートが必須だなんて。

 

学校帰りに寄り道していたファンシー雑貨のお店にも、それまで見たこともないような可愛いパッケージ入りチョコレートが並びました。

中1の私達は、赤いほっぺをますます赤くして、チョコレートを眺めたのです。

私も、お小遣いで買える小さな詰め合わせを選びました。

そして、その頃追っかけていたバスケ部3年生の下駄箱に忍ばせました。

誰も見ていないか、辺りを見回しながら。

友人達もそれぞれ片想いの先輩の下駄箱に入れたり、女の先輩に託したり。

自分で渡す勇気は、ありません。

男の子達も、誰からのチョコか解らないままです。

とにかく1日中お祭り騒ぎで、誰が誰にあげたとか貰ったとかわーわー騒ぎ、授業どころではありませんでした。

 

中3の時、片想いだった男子が転校してしまいました。

私はまたあの雑貨屋に、チョコレートを買いに行きました。

郵送中に壊れないよう、シンプルな板チョコにしました。

輸入物の、オシャレな包装紙のチョコです。

その男子は、チョコレートをとても喜んでくれました。

自分にも同じものを買っていたので、しばらくして私も食べてみたら…

 

 

美味しくない…

 

保存状態が良くなかったのか、ザラザラした舌触りになっていました。

外国製のチョコって、こんなものなの?

やたら甘いし、これなら不◯家のピーナッツチョコやロッ◯の方がよっぽど…

 

彼が食べた時には、もう少しましな状態だったならいいのですが確認もできず、そのまま文通も終わってしまったという、ほろ苦い思い出です。

 

高校の時には、好きな人もいなくて

専ら友人のチョコの運び屋でした。

2年でも3年でも躊躇なく教室に乗り込んで、指定の場所に呼びつけました。

後で、女子の先輩に締められましたが…

その時に屋上で出来たカップルは結婚し、もう孫までいるのです。

 

…歳とったな〜

 

その後、義理チョコ、友チョコ、自分チョコとバレンタインデーも変化していきましたよね。

菓子業界の戦略とは解っていても、それに乗って楽しみたい私です。

 

輸入板チョコのトラウマで、チョコレートは国産が美味しいと思い続けてきました。

あらためて食べてみると、海外ブランドのも確かに美味しい。

でも、高級ですよね。3粒で千円超えとか…

あの金額を払うなら、ケーキ屋巡りに精を出すかな。

そんな私の推しチョコはこちら。

 

本命チョコなら、デメルのソリッド。

 

f:id:tanpopotanpopo:20160205131313p:plain

 

猫の箱のやつです。

メッチャ美味しい。箱も可愛い。

 

友チョコなら、テオブロマの板チョコ。

f:id:tanpopotanpopo:20160205131323p:plain

気軽に渡せる形状とお値段。

いろんな動物のラベルが可愛い。

味も絶対に美味しいはず。

 

自分チョコは…

 

今でも混んでいるから教えたくないな…

バレンタインデーが過ぎたら、アップします。