読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子と花と街さんぽ

最強のショートケーキを探して。

パウンドケーキとミックスクッキー@リリエンベルグ

前記事の続きです。

リリエンベルグでは生ケーキ売り場の奥の階段を上ると、いろいろな焼き菓子が並ぶコーナーがあります。

そこで自由に選んでカゴに入れお会計をするのですが、見るもの全て買いたくなってしまう危険なコーナーなのです。

でも、今度いつ来れるかわからないしね!と高揚する気持ちと、あまり買いすぎても期限内に食べきれないから…と、冷静な気持ちがせめぎあいます。

私同様にハイテンションになった娘があれやこれやとカゴに入れるので、予算オーバー。

お会計で真っ青になった私に、娘がカンパしてくれました。

紅茶風味のチョコレートや個包装のマドレーヌ。和菓子のような甘味で口の中ですっと溶けるポルポローネ等、写真にも撮らずに食べてしまいましたが、リリエンベルグのお菓子が家にあるというだけでとても幸せな数日間を過ごしました。

 

私が選んだのは、パウンドケーキ。

ラム酒漬けのフルーツがたっぷりと入っています。

ラム酒の風味がよく美味しいのですが、ほろほろと崩れやすいパウンド生地なのでお上品に食べるのが難しいケーキでした(笑)。


f:id:tanpopotanpopo:20170410143230j:image

 

そして、こちらがずーーーっと買いたかったリリエンベルグのミックスクッキーです。


f:id:tanpopotanpopo:20170410143259j:image

 

小さなパッケージですが、11種類のクッキーがびっしりと重ねて入っています。

毎日少しずつ楽しむつもりでしたが、はっと気がつけば娘の分も食べていて慌てました。

見た目が可愛いだけでなく、いろいろな素材が使ってあるので味のバリエーションが楽しめます。

アソートクッキーを買うと1つや2つは好みではないものが混ざっていたりするのですが、リリエンベルグのクッキーは全部が美味しいのです。


f:id:tanpopotanpopo:20170410143315j:image

 

これを誰かにプレゼントされたら、きっと好きになっちゃうだろうなー(妄想)

憧れていたクッキーでしたので、これでもういつ死んでも…

 

良くないです!